2006年11月28日


クワンティのパッチ適用技術が国内特許成立

− パッチ適用の仕組みとなるソフトウェア更新手法に関する技術が日本国内特許成立 −

Linuxパッチ適用ソフトメーカーのクワンティ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:寺澤陽一郎、以下クワンティ)は、先にPCT国際出願している特許技術「情報処理装置、ソフトウェア更新システム、ソフトウェア更新方法及びそのプログラム」が日本国内において権利化、特許成立したことをお知らせします。

今回成立した特許の内容

本特許は、情報端末などの機器が通信接続してソフトウェアの更新ファイルを取得する方法に関するものです。特許の請求範囲(特徴)は、ソフトウェア更新システムがセンターと更新用ソフトウェア格納場所と情報端末とで構成され、センターは情報端末に対して格納されている更新用ソフトウェア一覧の格納先をガイド、情報端末側で自らに更新必要なソフトウェアを判断することと、複数の更新用ソフトウェア格納先から取得可能であることを基本とし、センター処理やネットワークトラフィックを軽減する仕組み、センター運用者、情報端末利用者、更新用ソフトウェア配布者、それぞれ負担が最小限に抑えられる仕組みと安全性が考慮されています。

本特許の基本技術・手法は、Linuxおよびクワンティ製品に限らず、通信接続可能な情報機器のソフトウェア更新やファイル配布に応用することが可能で、現在、情報機器の各種ソフトウェアが抱える更新に関する様々な問題の回避と利便性、安全性の向上、更にいままでファイル更新が困難であった機器、対象へのサービス範囲の拡張が考えられます。クワンティはパッチ適用・ネットワークを介したファイル更新の効率化を必要とする企業と共に様々なかたちで積極的に問題解決を図りたいと考えています。

既に日本国内で販売しているLinuxサーバ向けパッチ適用ツールの「qeMOTHERserver(マザーサーバ)」「Qloc Engine(クロック・エンジン)」には、この技術が組み込まれており、大手IDC(Information Date Center)事業者や通信事業者の一部で導入されソフトウェアの更新(パッチ適用)サービスが提供されています。

■日本【特許第3862738号】
■PCT国際出願【PCT/JP2004/006752】(PCT.Patent Cooperation Treaty)


以上
 
 
クワンティ株式会社について
Linuxベースサーバとインターネットのセキュリティについて「誰もが安全に使い易く」をテーマに産学協同研究開発し、研究成果を還元するビジネスモデルが大阪市都市型産業支援プログラムの認定を受け2000年8月に大阪市に設立。2004年5月に東京銀座に本社移転。「パッチ(修正プログラム)」の検知と適用機能を持つQloccEngineを中心にソリューション展開しており、国内大手IDC事業者、全国の企業・小中高等学校・地方公共団体・病院等多数の実績を持ちます。
 

<お問合せ先>
クワンティ株式会社
e-Mail:office@qwanty.com

<ホームページ>
クワンティ株式会社ホームページ :http://www.qwanty.com/

Qloc、Qwantyはクワンティ株式会社の登録商標です。
LinuxはLinus Torvaldsの商標です。

Copyright(c)2003 Qwanty Corporation All rights reserved. クワンティ株式会社